佐渡 金北山~ドンデン高原 縦走(2022年4月28~29日前夜発)

今回はひたすら花をめでる山行だった。発見した主な花は以下の通り。

名前がわからないものも含めて、とにかくよく咲いていた。樹木の木陰で咲いていても、量が多く登山道の近くまであるので目立つ。カタクリは終わりに近かったが、一生分のカタクリを見たような気がする。

 もともとは椿登山口というドンデン山荘の東側の登山口から入山するつもりだったが、出かける前々日くらいに、メンバーが佐渡トレッキング協議会のHPで、椿登山口コースは通行禁止になっていると教えてくれた。今年は残雪が多くて危険なんだそうだ。仕方がないので急きょ、縦走の向きを変更して逆側の金北山登山口に向かった。タクシーの運転手さんが沢口登山口は車で入れないとのことで、栗ヶ沢登山口に連れて行ってくれた。

 この日は快晴で気持ち良い木漏れ日。歩き始めてすぐにカタクリやショウジョウバカマが現れた。神子岩まで来ると急に開けて、佐渡島の東西の湾が両手に見えた。ところどころヤマザクラも見えた。

 登るほどに登山道に残雪が多くなって、道がわかりにくくなった。最後の急登のやぶをこぐと金北山の直下の縦走路に出た。金北山頂は自衛隊の施設が廃墟となって残っていて、なんとも異様。2010年まではこの警戒管制レーダーが使われていたようだが、隣の妙見山に新型ができて役目を終えたそうだ。気象条件が厳しいからなのか、10年でこんなに荒れてしまうとは。昨今はミサイルが飛んでくるので新型が必要なのもわかるが、山頂は原状回復してほしいところだ。とはいえ貴重な税金なのでそうも言えないかぁ、複雑な気持ち。

時間があれば廃墟の中も探検したいところだったが、だいぶ遅くなってしまったのでテント場探しを急ぐ。金北山からは稜線歩きだが、あやめ池の方に降りるところで残雪の結構な急斜面が現れた。上から見ると下がどうなっているか見えないほどの斜面だった。張ってあったロープを使って一番手が降りると、急なのは上の方だけで、なんとか大丈夫そうだとわかった。それでもだいぶドキドキしながら降りた。30mほどだろうか、ここだけはちょっと嫌だった。チェーンスパイク、軽アイゼンが役立った。

幕営地はあやめ池の周辺で期待していたが、池の周りは樹林帯で湿地になっておりなかなかいいところがなかった。もう少し稜線を歩いて、登山道の脇に少し開けたところがあったので、雪の上だったがそこでいいことにした。この時期のテント場探しはなかなか難しい。夕食はカレーうどん。テントで久しぶりに楽しい夜を過ごした。

2日目は天気が下り坂の予報。でも前日頑張った甲斐もあり、余裕を持って気楽に歩くことができた。ここの稜線は海や花を見ながらの気持ちの良いコースで、そんなに苦しいこともなくトコトコと歩けた。誰にも会わずに静かに歩けたのも良い。花がたくさんあって写真を撮るために屈んだり立ち上がったりするのが疲れた。佐渡トレッキング協議会に事前に送ってもらったトレッキングマップに書いてあった花の紹介がとても役に立った。

雨が降る前にドンデン山荘に到着。ドンデン山荘は車でも行ける立派な山荘で、カレーやコーヒーを頼んでゆっくりできた。天気が良ければドンデン山荘のテント場で一泊して翌日も少し歩いてから下山しようと思ったが、だいぶ天気が怪しくなってきたので、タクシーを呼んで早々に下山することとした。前日に送ってもらったタクシーの運転手さんを呼んだら割とすぐ来てくれて助かった。(ちなみにこの運転手さんとは帰りのフェリー乗り場でもばったり再会して、なんだかほっこりした。)

下山後は、フェリー乗り場前のレンタカー屋へ。さすがのGWで、なんとか借りられたのは10人乗りのハイエース。4人には豪華な広さ。この日は暴風雨で、山上で幕営していたら相当辛かったと思う。

翌日は朝からすっきりと晴れて終日観光。矢島・経島でたらい舟に乗り、宿根木の伝統的町並みを散策し、トキの森公園でトキの観察と、南の海岸をぐるっと半周して両津に戻った。海岸沿いのドライブで、のんびりとしたいい旅になった。ゆたかや旅館の食事も魚や米をはじめ、佐渡の食材がたくさん使われてとてもおいしく、大満足だった。行き帰りともに佐渡汽船のカーフェリーは真新しい船で、2等のじゅうたんエリアも十分居心地が良く、半日くらいゴロゴロ乗っていたいくらいだった。今回は急なコース変更となったが、予定していたコースはほぼ歩けたし、想像以上にたくさんの種類と量の花が見られて本当に良かった。

2022年6月 山行一覧

6月1日長野東部 湯ノ丸高原山登り会員1
6月4日 日和田の岩場岩登り 会員1、他1
6月5日奥多摩 高水三山クリーンハイク会員9
6月10日 日和田の岩場岩登り会員1、他2
6月10日南高尾山稜 草戸山山登り会員2
6月13日★谷川連峰 松手山~平標山山登り 会員2
6月18日日和田の岩場 岩登り会員1、他1
6月18日神流の岩場岩登り 会員1、他2
6月18~19日奥多摩 七ツ石山~雲取山山登り会員1
6月21日日和田の岩場 岩登り 会員1、他1
6月29日日和田の岩場岩登り会員1、他1
山行日の★:前夜発

2022年5月 山行一覧

5月3日越後丘陵 米山山登り会員2
5月5日丹沢 塔ノ岳山登り会員1他
5月5~6日奥多摩 七ツ石山~雲取山山登り会員1
5月6日陣馬山山登り会員3
5月7日中央線沿線 八重山~熊岳~聖武連山山登り会員3
5月8日日和田の岩場岩登り会員1、他1
5月18日日和田の岩場岩登り会員1、他2
5月19日西九州 太良岳山登り会員2
5月20日奥武蔵 棒ノ嶺山登り会員3
5月21日西九州 黒髪山山登り会員2
5月22日御坂山塊 本社ヶ丸~三ツ峠山山登り会員2
5月22日日和田の岩場岩登り会員1、他1
5月22日丹沢 檜洞丸山登り会員1、他1
5月22日日光 高山山登り会員2、他1
5月23日雲仙 普賢岳山登り会員2
5月24日中央線沿線 坪山山登り会員2
5月29日箱根 明神ヶ岳~明星ヶ岳山登り会員1
5月29日御坂山塊 三ツ峠山~御坂山~黒岳山登り会員2
5月29日中央線沿線 権現山~麻生山山登り会員2

2022年4月 山行一覧

4月2日万六尾根~連行峰~生藤山山登り会員2
4月2日広沢寺の岩場岩登り会員1、他3
4月9日日和田の岩場岩登り会員1、他1
4月11日比企丘陵 笠山~堂平山山登り会員2
4月9~10日城ケ崎の岩場岩登り会員1、他2
4月13日日和田の岩場岩登り会員1、他1
4月17日天神尾根~谷川岳(トマの耳~オキの耳)雪山登り会員2
4月17日南高尾山稜山登り会員1、他1
4月17日奥武蔵 伊豆ヶ岳山登り会員1、他1
4月17日鎌沢口~生藤山~連行峰山登り会員2
4月23日比企山稜 大霧山山登り会員2
4月28~29日★佐渡 金北山~ドンデン高原縦走会員4
4月28日五頭山地 五頭山山登り会員2
4月30日大菩薩嶺山登り会員1
4月30日奥武蔵 武川岳~ウノタワ山登り会員1、他多数
4月30日弥彦山地 角田山山登り会員2
山行日の★:前夜発

2022年3月 山行一覧

3月4日奥秩父 妙法ヶ岳山登り会員1
3月5日日和田の岩場岩登り会員1、他1
3月6日谷川岳南麓 仏岩トンネル付近雪上講習会会員11
3月9日日和田の岩場岩登り会員1、他1
3月13日★霧ヶ峰 車山~男女倉山雪山登り会員2
3月16日★塩尻近郊 霧訪山山登り会員2
3月16日日和田の岩場岩登り会員1、他1
3月20日★八ヶ岳 西天狗岳西尾根~東天狗岳雪山登り会員2
3月20日奥武蔵 伊豆ヶ岳~子の権現山登り会員1
3月21日八ヶ岳 南沢大滝氷登り会員1、他4
3月24~25日渥美半島 大山、飯盛山ほか山登り会員2
3月27日日和田の岩場岩登り会員1、他1
3月28日鈴鹿 藤原岳山登り会員2
3月30日日和田の岩場岩登り会員1、他1
山行日の★:前夜発

雪山講習会(2022年3月6日)

 これまで、会で受継がれてきた技術等を繋げていくべく、毎年、3月第一日曜日に雪山講習会を開催しています。今年は、初心者を対象に基本的な技術・知識の習得を目指した雪山講習会をしました。

講習内容は以下の通り、盛りだくさん!
 ①弱層チェック
 ②斜面工作
 ③雪上歩行
  直登行、直下降、斜登行、斜下降、トラバース、アイゼンワーク、
  ピッケルワーク
 ④滑落停止
 ⑤雪山でのテント設営及びツェルトの活用
 ⑦ラッセル練習
 ⑥ビーコン操作と捜索
 ⑦雪山でのロープワーク

弱層チェック
弱層チェック

 スコップで穴を掘り、チェックをするために使う円柱形を作りました。その円柱を押してみたところ、それほど力を入れなくてもスパッと、ずれ落ちてしまいました。


雪山でのロープワーク
雪山でのロープワーク

 斜面を踏み固め、滑って整え斜面工作の過程で作り上げました。その斜面を使って、 直登行、直下降、斜登行、斜下降、トラバース、アイゼンワーク、ピッケルワーク 、滑落停止訓練、ロープ確保をしました。
 滑落する人を止めることが、いかに大変かを体験しました。

みんなでランチタイム
みんなでランチタイム

2022年2月 山行一覧

2月2日日和田の岩場岩登り会員1、他1
2月5日~6日 西上州 荒船山相沢の氷瀑氷登り 会員1、他2
2月6日湯河原 幕山山登り会員5
2月11日~12日★ 蔵王 地蔵山~熊野岳雪山登り会員2
2月13日西上州 諏訪山・九十の滝氷登り会員1 、他2
2月17日~18日南房総  富山、烏場山山登り 会員2
2月18日大月  高畑山~倉岳山 山登り会員1
2月23日沼津アルプス山登り 会員1
2月23日霧積付近氷登り会員1、他2
2月24日日和田の岩場 岩登り 会員1、他1
2月25日秋川丘陵 網代山~弁天山山登り会員2
2月26日丹沢 塔ノ岳山登り 会員1、他多数
2月26日 浅間外輪山 黒斑山雪山登り会員1、他1
2月26日 霧積 氷登り会員1、他2
2月27日藤野 高倉山~金剛山山登り 会員2
2月27日北八ヶ岳 蓼科山雪山登り会員2、他4
山行日の★:前夜発

2022年1月 山行一覧

1月9日仙台郊外 泉ヶ岳雪山登り会員1
1月9日★榛名山外輪周回山登り会員2
1月9日 諏訪近郊 入笠山山登り会員1、他1
1月9日~10日佐久 湯川氷登り会員1、他1
1月12日日和田の岩場岩登り会員1、他1
1月14日奥武蔵 伊豆ヶ岳山登り 会員2
1月17日奥武蔵 顔振峠~越上山山歩き会員2
1月19日日和田の岩場岩登り会員1、他1
1月21日東丹沢 飯山白山山登り会員1、他1
1月22~23日 かぐらスキー場近辺雪山講習会会員1、他
1月22~23日甲斐駒山麓 尾白川下流 錦滝ほか氷登り会員1 、他3
1月26日日和田の岩場 岩登り会員1、他1
1月28日奥武蔵 天覚山~大高山山登り会員2
1月29日奥秩父 南天山の氷瀑氷登り 会員1、他2
1月30日榛名山外輪周回山登り会員2
山行日の★:前夜発

2021年12月 山行一覧

12月4日日和田の岩場岩登り会員1、他1
12月12日道志山塊 今倉山~二十六夜山山登り会員3
12月16日奥武蔵 天覧山~多峯主山山歩き会員3
12月16日長瀞 金ヶ嶽山歩き会員2
12月18日六甲山系 摩耶山ボッカトレーニング会員2
12月19日逗子 鷹取の岩場岩登り会員1、他2
12月21日★富士山麓 三国山山歩き会員2
12月26日丹沢 塔ノ岳山登り会員1、他5
12月29~30日★八ヶ岳 高見石~にゅう
天狗岳(悪天中退)
雪山登り会員2
12月29~30日北アルプス 焼岳(悪天中退)雪山登り会員6
12月30日長瀞アルプス 宝登山山歩き会員2
山行日の★:前夜発

足尾山地 中倉山~沢入山 山登り(2021年10月31日 前夜発)

以前別の会員が行って撮影した写真が印象的だったため、行ってみることにした。最近ちょっと人気の山らしい。この山のシンボル的存在は「孤高のブナ」だそうだ。そこまで行って戻るだけなら日帰り可能なようだが、沢入山(そうりやま)まで足を伸ばすことと、あまり馴染みの無い方面ということもあり、余裕をもって前夜発とした。

前夜、大畑無料駐車場に着くと他に車は無く、満天の星空の下、静かな夜を過ごせた。トイレもあり、きれいに管理されていた。翌朝、車で数分の銅親水公園駐車場に着くと車が10台以上停まっていた。やはり昨夜の駐車場は正解だった。

ゲートを越えて進み、左に見える橋を渡ってさらに松木沢方面のルートを右に分けて左の仁田元川沿いを目指す。川岸近くに白い点々がたくさん見えていたが、行ってみると植樹された一本一本の木につけられたプレートで、地元の小学生が今月植えたばかりのものだった。

平坦な道を進むこと1時間で中倉山登山口となった。ここからくすんだ紅葉の雑木林の中、ジグザグと上がっていく。標高約1300mの尾根までひとがんばりすると展望が開け、傾斜も緩む。地面には小笹が緑を添える。

登っていたら、木の幹にセミの抜け殻がたくさんついているのを発見した。どれもが山の斜面下側の樹肌に頭を上に向けて一列に並んでいる。山から吹き下ろす風をよけるためだろうか。しかもほとんどの抜け殻は、樹皮に割れ目のあるナラかカシワかの樹についている。セミもホールドやスタンスがしっかりある所がしがみつきやすいのだろう。それでも、たまーにつるんとした樹に一匹見つけることがあって、これは上級者(セミ)もしくは独立独歩を好む変わり者で一人(匹)頑張ったんだなぁと感心した。

中倉山直下でルートが分かれ、メンバーの1人は右からなだらかに登るルートを、2人は左の直登ルートを選んだ。後者のルートでは途中、赤黄に色づいた樹木が大岩に寄り添うちょっとした展望台があった。ここから左にトラバースルートが分岐していたが、山頂へは直登する。3人合流して台地状の中倉山山頂1499mへ。右に松木沢を挟んで男体山が大きく見えるが、頂上には雲がかかっていた。そして山頂の先の鞍部にぽつんとある一本のブナを見下ろせた。かっこいい。これが「孤高のブナ」か。周りはロープで囲われ、近づいて直接触れることはできなかった(コロナ感染予防なのだろうか?)。

時期的には多少遅いものの、左の山肌は紅葉のパッチワークとなっていたが、青空でなかったのが残念。天気が崩れてきて多少雨粒を感じるようになったが大したことはなかった。行く手に見える山の稜線は、右側ははげた露岩の急斜面で、左は緑の絨毯敷きで白樺林の緩斜面になっていた。登山道はその縁を這い上がっていた。頂上に枯れ木1本の波平ピークを越え、沢入山1704mまで約1時間。頂上の先には、またのびやかな緑地が広がっていて、その奥に整った三角形の皇海山がよく見えた。

小休止の後、スタート地点を目指して戻るが、波平ピークを下りたら分岐右のトラバースルートで先の大岩展望地点まで行く。ここからは登ったルートを下山。帰りの林道では秋晴れとなった。また一つ良い山行ができた。

資料を見ると沢入山からさらに庚申山まで登山道がつながり、途中に幕営できそうないいところもあるので今度は春に山中一泊で歩いてみたい。